慶應義塾大学理工学メディアセンター 松下記念図書館

サイエンスカフェ番外編『兄信之から見た真田幸村』

【開催概要】
日時:2016年6月27日(月)18:15-19:30
場所:理工学メディアセンター創想館1階
対象:塾生・教職員
 
今回は番外編ということで、”サイエンス”からは少し離れて、真田家第14代当主でもある電子工学科教授の眞田幸俊先生をゲストスピーカーにお迎えし、「兄信之から見た真田幸村」というテーマでご講演いただきました。
 
【講演概要(眞田幸俊先生より)】
「大河ドラマ「真田丸」は、関ヶ原の合戦ならびに大坂の陣で西軍についた真田昌幸・幸村(信繁)親子の視点から描かれると思います。そこで、武名を上げた幸村に対して家名を残した兄信之の立場から2つの合戦にいたる経緯、その後の真田家について説明します。」

現在、大河ドラマで放映されている時代についてはもちろん、幸村(信繁)が亡くなった大坂夏の陣後や、近年の真田家の活動、さらには真田家に伝わる逸話など、御当主だからこそ語ることのできる貴重なお話を聞かせていただきました。また、ご講演後の途切れることのない質問へもユーモアを交えながら丁寧にご回答される眞田先生に、人を大切にする遺訓を残した真田信之の姿を垣間見ることができました。

当日は114名もの方にご参加いただき、アンケートの結果からは、
「御当主の生の声を聴くことができて、歴史をより身近に感じることができた。」
「サイエンスの話題だけはなく、理工の先生について知る機会があるのは良いと思う。」
「普段の講義とは違う一面を見ることができて良かった。」
「今後の大河ドラマの展開がますます楽しみになった。」
などの感想をいただきました。

ページトップ