慶應義塾大学理工学メディアセンター 松下記念図書館

第3回知的書評合戦ビブリオバトル

 【開催概要】
日時:2016年10月26日(水)18:00-19:30

場所:理工学メディアセンター創想館1階
対象:塾生・教職員

理工学メディアセンター主催の「知的書評合戦ビブリオバトル」が開催されました。今回は教職員2名を含む8名のバトラー(発表者)に、おすすめの本の魅力を熱く語っていただきました。また、当日は40名を超える方々に観覧者としてお越しいただきました。紹介された本は以下の8冊です。

1. カール・ライムント・ポパー著 『開かれた社会とその敵』
2. 加門七海著 『霊能動物館』
3. 東野圭吾著 『変身』
4. 森博嗣著  『喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima』
5. マーティン・フォード著/松本剛史訳 『ロボットの脅威:人の仕事がなくなる日』
6. 安部公房著 『砂の女』
7. 桜井孝昌著 『アニメ文化外交』
8. 
森見登美彦著 『宵山万華鏡』

投票の結果チャンプ本に輝いたのは、森博嗣著『喜嶋先生の静かな世界』でした。また、理工学メディアセンター所長の笹瀬巌先生の選んだ所長賞は、安部公房著『砂の女』 となりました。

今回のビブリオバトルでは、日吉からも学部生(理工学部・経済学部・商学部)がバトラーとして参加しました。
バトラーには教員・職員・特別学生も含まれ、例年になくバラエティ豊かな顔ぶれでした。バトラーとしてご参加いただいた皆様、観戦者としてご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

なお、紹介された本はすべて理工学メディアセンターで借りることができます。創想館カウンターそばに陳列していますので、ぜひ手に取ってご覧ください。

 
 




  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する。
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

(参考)
知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイト
ビブリオバトル紹介動画

ページトップ