慶應義塾大学理工学メディアセンター 松下記念図書館

第4回知的書評合戦ビブリオバトル

【開催概要】  
 

日時:20171027() 18:00-19:10
場所:理工学メディアセンター創想館1



去る1027日、理工学メディアセンター主催「第4回 知的書評合戦ビブリオバトル」が開催されました。
今回は
5名のバトラー(発表者)に、おすすめの本の魅力を熱く語っていただき、20名を超える方々に観覧者としてお越しいただきました。紹介された本は以下の5冊です。


1. 蜂須賀敬明著 『横浜大戦争』
2. 原田マハ著 『暗幕のゲルニカ』
3. 並木伸一郎著 『未確認動物UMA大全』
4. ブランコ・ミラノヴィッチ著 / 立木勝訳 『大不平等 : エレファントカーブが予測する未来』
5. ロバート・L・スティーブンソン著  『ジキル博士とハイド氏』


投票の結果チャンプ本に輝いたのは、蜂須賀敬明著 『横浜大戦争』でした。
また、理工学メディアセンター所長の笹瀬巌先生の選んだ所長賞は、原田マハ著 『暗幕のゲルニカ』
 となりました。



今回も理工生のみならず、文学部の方や職員、特別学生の参加もあり、年齢も顔ぶれもバラエティ豊かなビブリオバトルとなりました。バトラーとしてご参加いただいた皆様、観戦者としてご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

なお、紹介された本はすべて理工学メディアセンターで借りることができます。ぜひ手に取ってご覧ください。

 
 

知的書評合戦ビブリオバトルとは

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する。
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

(参考)
知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイト

ページトップ