慶應義塾大学理工学メディアセンター 松下記念図書館

第14回サイエンスカフェ『第三次人工知能ブームがもたらした生命科学における革新~塾生なら誰でも使える人工知能Watson~』

今回は生命情報学科 榊原 康文 先生をゲストスピーカーにお迎えし、『第三次人工知能ブームがもたらした生命科学における革新~塾生なら誰でも使える人工知能Watson~』という演題でご講演いただきます。

【ゲストスピーカー 榊原 康文 先生より】
30年前の第五世代コンピュータ開発に代表される第二次AIブーム時に、ヒトゲノム解読が完了したことを契機としてバイオインフォマティクスの研究が本格的に始動しました。
深層学習・ビッグデータ・GPUの三種の神器が、現在の生命科学や医療に与えている進歩と変革について紹介します。
また、人工知能ブランドとなったWatsonを全塾的に使用することが可能になったことについても紹介します。

【開催概要】
日時:2018年6月22日(金)18:15-19:30
場所:理工学メディアセンター創想館1階
対象:塾生・教職員 (1・2年生、専門外の方、大歓迎!)
事前申込みは不要です。直接会場にお越しください。
お菓子とお飲物つき。

【サイエンスカフェとは】
カフェのような雰囲気の中で科学的トピックについて語り合う場です。講師による話題提供と参加者を交えたディスカッションによって構成されます。

ページトップ