慶應義塾大学理工学メディアセンター 松下記念理工学図書館

論文掲載料の割引(ACS)

※RSC(Royal Society of Chemistry)のオープンアクセスバウチャープログラムは、2016年で終了いたしました。

 ACS Author Choice (ACS投稿論文をオープンアクセスにする際の割引)

ACS(アメリカ化学会)の出版物に投稿した論文をオープンアクセスにするための料金が割引になります。これは慶應義塾大学がACSの全パッケージ("All ACS Publications")を購読している機関にあたるためです。

手続き方法と詳細

料金や手続きの詳細は、以下の「ACS Author Choice」のページをご覧ください。

料金と割引(Options and Prices Effective)

・即時オープンアクセスにするか刊行後12か月後にオープンアクセスにするかで料金が異なります。
・慶應義塾大学に所属していれば割引が適用され、ご自身がACS会員であればさらに割引率が高くなります。
・その他のオプションもありますので、詳しくは料金表(ACS AuthorChoice Pricing)でご確認ください。
 

ページトップ